独身サラリーマンの出会い探検記。

32歳の独身サラリーマンが本当に出会い系サイトをつかってみた。成功・失敗を重ねながら出会い系サイトを攻略中・・・

不動産屋の人妻

不動産屋の人妻のことを思い出したので、その話。
確か『ラブシャッフル』を初めて使った時だと思う。

その日は仕事中にネットで見つけた新しいサイト『ラブシャッフル』で女を物色していた。
プロフィールを見ると『Mなのでたくさん突いて欲しい』とか、M系の女が多かったのにびっくりした。
プロフィールを割りと丁寧に書いてる女を探しメールをすると、『奈津子』という女からメールが返ってきた。

1時間位やりとりをして写メ交換をし会う約束。
奈津子は29歳で旦那は不動産業をしているらしい。

今日なら夜でもOKとのことで、待ち合わせ場所に行くと、写メよりも数倍可愛い女が!
俺は心の中でガッツポーズ!
その子に「奈津子ちゃん?」と聞くと「うん」と答えてくれました。

車に乗り込み1時間位ドライブをしてから近くにあったファミレスで食事。
話を聞くと3ヶ月位旦那とはレス状態で、旦那は出会い系にハマってるとのこと。

『人のことは言えないが、旦那はカスだな・・・』と思った。

「これからどうしよっか?ホテル行こうか?」と直球で聞くと小さく頷いた。

車に乗り込みホテル探し・・・だが、俺は早くしたくなり、運転しながら奈津子の胸を軽く触り始めた。
嫌がらないので、奈津子の服を捲くりあげブラをずらし胸を露出させた。

運転していたのでチラッとしか見えなかったけど、Cカップ位の美乳。
手探りで乳首を探して軽く摘むと「はぁぁ」と気持ち良さそうな声を出した。

しばらく胸を堪能したあと、ワレメの方に手をやった。
足を開かせてゆっくりワレメを指でなぞると、既にお湿り状態w

パンティーの横からすっと指を滑り込ませ、軽くクリトリスを刺激すると「あっ、あっ・・・・・・」と何とも可愛い声をあげた。

「もっと触ってあげるから、パンティー脱いでみて」と言うと奈津子は腰を上げてパンティーを脱いだた。

軽く指を舐めてマ○コに人差し指をゆっくり挿入。
中は既に熱くなっていて、指を動かすと、『クチャクチャ』と何とも卑猥な音がした。

俺:「奈津子ちゃん、いやらしい音がしてるよ」

奈津子は赤い顔をしていた。

更に「このいやらしい音はどこからしてる?ちゃんと答えてみて」と言うと「あそこ・・・」と小さな声で言うので、クリトリスを思いっきり摘み上げてやると、「あぁぁぁ!おま、マ○コ」と言い直させた。

ご褒美にまた優しくクリトリスを撫でてやると、「気持ち良いよ?」と言い、感じる様子。

俺も悶々としてきたので、近くにあったスーパーの立体駐車場に車を止め、二人で後部座席に移動した。

俺:「どうして欲しい?」

奈津子:「入れて欲しい・・・・・・」

俺:「入れて欲しいなら、どうすればいいかわかるよね?」

俺のズボンを下ろしはじめた。

カチカチになった俺のチンコを見ると「大きいね?、舐めてもいいかな?」と嬉しそうに聞いてきた。

俺が答える前に奈津子は既に喉の奥深くまで咥え込んでた。
しばらく奈津子のフェラを観察しているとたまに目が合いとても興奮w

奈津子のフェラはとても上手でかなりの数のチンコを咥えてきたのだと思った。

チンコの上から涎をタラッと垂らしたり、玉を舐め口に含みながら竿はしっかり手でしごいたり・・・。
気を抜くとすぐに発射してしまいそうだった。

奈津子:「ジュボ、ジュボ、ジュボ」

リズミカルに激しく咥え始め、イカせようとしてきたので、持ってきたバイブを見せると、初めて見たのか不思議そうにバイブを見つめていた。

俺:「舐めてごらん」

そう言うと、俺のチンポを口から出して少し躊躇ながらバイブを舐め始めた。

俺は奈津子の後ろに回り既にビショビショに濡れているマ○コに指を2本突っ込み思い切り中をかき混ぜてやると、いきなり潮を吹きやがった!!

構わずかき混ぜ続ける。

奈津子:「止まらない、止まらないよ・・・」

そう言いながら潮を吹きまくってる。

俺の服と車のシートが汚れてしまった。

俺:「あ?あ、こんなに汚してどうしてくれるんだよ」

奈津子:「ご、ごめんなさい。気持ち良過ぎて、つい・・・・・・」

俺は奈津子に罰を与えようと、さっきまで奈津子が舐めていたバイブを取り上げ潮を吹いたばかりのマ○コにねじ込みスイッチを最強にした。

奈津子:「いやぁぁぁ、また出ちゃうよ?」

そう言いながら腰をくねらる。

俺:「そのままバイブを入れたままパンティーを履いて」

奈津子:「え?何で?」

俺:「ちょっと喉が渇いたから飲み物買ってきてよ」

奈津子:「入れたままじゃ無理だよ?。音が周りに聞こえちゃ・・・・・・」

奈津子が拒否してきたので、イラッとしバイブを掴んで数回出し入れてしてやると「わ、わかったから、い、行くから・・・」と必死に俺の手を掴んで止めようとした。

バイブを掴んだ手を離すと、マ○コにバイブを咥え込んだまま下着を履こうとする。
履き辛いらしくバイブが邪魔をして下着が上まで上がらなくなっていた。
俺はどうせならと思いローターも持ってきていたので、車の中にあったガムテープでローターを奈津子のクリトリス付近に固定してスイッチを入れてやった。

奈津子のパンティーはローターとバイブでゴツゴツしており、モーターが回る音が重なりあっていた。

奈津子は車を降りようとした時、足に力が入らないのか、いきなり地面に座り込んでしまった。

奈津子:「これじゃ?歩けないよ?」

そう言うので一緒に行ってあげる事にした。

奈津子は俺の腕にしがみついて、下を向きながら必死に歩いていた。
周りの目が気になるらしくキョロキョロしてる。

なんとか飲み物を買い車に戻ってくると「ねぇ早く抜いて、お願い、お願いだから。もうおかしくなっちゃうよ?」と言ってきた。

俺:「じゃあ5分以内にフェラでイカせてくれたら抜いてあげる」

奈津子:「うん、がんばってみる」

奈津子はしゃぶりだした・・・。

さっきより更にねっとり舐め上げては、奥深くまで咥え込みディープスロートでイカせようとしている。
しばらくして俺はイキそうになると「そろそろイクからな。ちゃんと全部飲め。」と言うと返事にならないような「がぁい」という声を出しながら頷いた。

俺は奈津子の頭を掴み・・・思い切り腰を突き出すと喉の奥に発射!
奈津子の口からチンポを抜くと涎かザーメンかわからいものが糸を引いていた。

俺:「バイブはそのまま入れてホテル行こうね」

そう言うと半べそ状態でコクンと頷いた。

やっとホテルに着くと奈津子はグッタリして、パンティーはバイブをつたってきたマン汁でビショビショに濡れていた。

ローターを外し、バイブを引き抜いてやると、バイブには白い白濁したマン汁がびっしり付着。

ベッドに倒れ込んだ奈津子の腕を取り起こしてやり、顔の前にチンコを突き出し仁王立ちした。

奈津子はうつろな目でフェラを始めると再び深く咥え込んできた。
しばらくフェラを楽しんだ後、入れて欲しいかと聞くと「早く入れて欲しい」と。

俺は「奈津子のグチョグチョのマ○コにチンポをぶち込んで下さいと言え」と奈津子に言うと、恥ずかしそうに「奈津子の・・・・・・奈津子のグチョグチョになったマ○コに・・・チンコをぶち込んで下さい・・・」と言った。

俺は奈津子を四つん這いにさせ、立ちバックの状態にし、生のままマ○コにチンコを差し込んだ。

奈津子:「あぁぁぁ、気持ち良いぃぃよぉぉ」

奈津子はそう言うだけで生を気にしてる様子はなかった。

ギリギリまで引き抜いて、激しく奥まで突いてを繰り返していると、奈津子は再び潮を吹いたらしくマ○コの中が水っぽくなり、奈津子の内股を潮がつたってきた。

俺はそのまま構わず突きまくっていると気持ち良くなり、奈津子のマ○コにそのまま発射!
奈津子は俺が中出しした事に気づいていないようで、今度は奈津子が上になり騎上位の体勢に。

奈津子の腰使いは激しく、自分が気持ち良くなるポイントを知っているようで、俺のチンコを的確にGスポットへ当てていた。

さっき出したばかりなのに俺もイキそうになり、下から奈津子のマ○コを突き上げてやると、予想していない攻撃に「ひゃっ」と変な声を上げて抱きついてきた。

手で奈津子の乳首を摘み、舌を絡めキスをしながら激しく突き上げると「イクっ、イキそう!」と言いながら身体を痙攣させた。

俺はまだ2回目をイッてなかったので構わず突き続け、そのまま奈津子のマ○コに2度目の中出しをしてやった。

二人共しばらくそのままの体勢で休憩した後、今度は正常位でぶち込んでやった。

奈津子のマ○コはマン汁と俺のザーメンでグチャグチャになっていて何とも卑猥状態になっていて、
それを見て俺は興奮し再び射精感が襲ってきたので、今度は奈津子の顔に掛けてやった。

鼻と右目に少し入ったらしく苦しそうだったが、口を開かせそのままチンコを捻じ込んでやると、美味しそうにお掃除フェラ。

しばらくから奈津子が「何か垂れてきたよ?」と言い、起き上がってマ○コを見てみると、『コポッ、コポッ』と言いながら俺のザーメンがアナルまで垂れてきていた。

それを見て俺は「勿体無いからアナルに入れておこう」と言って、奈津子の両足を持ち上げ、垂れてきたザーメンを指ですくってアナルに突っ込んだ。

奈津子は「あ?あ、こんなに中で出して、出来ちゃっても知らないよ?」と、全く警戒する様子がない・・・。

その後もセックスを楽しみ・・・計5発程注入してやった。
奈津子とは2週間程してから、もう一度会ってセックスをした後、こちらから連絡を絶ちサイトも新規登録して存在を変えたw

体験サイト:『ラブシャッフル』http://nabeainc.com/

 - 出会い体験談 , ,

最強媚薬「エロティカセブン」公式通販サイト

  関連記事

異常性欲者?

5月頃の話なんだけど、『愛玩関係』から、『真紀32歳都内に住んでます!』と名乗る業者みたいなメールが来てて、俺は「携帯教えてよ!」と軽くあしらってみた。 それやると大抵メ …

【出会い体験談】Fカップの三十路の女とタダマン

『熟愛』でFカップの三十路の女と会ってきた話。 欲求不満でムラムラしていたら、会社の後輩が出会い系でアポを取ってきた。 この後輩っていうのもなかなかの下衆で、どんな女でも …

【出会い体験談】超エロい人妻の話

超エロい人妻の話。 性懲りもなく・・・仕事帰りに無性にエッチがしたくなったので、『人妻ネットワーク』を見てみると、変わった書き込みを見つけた。 掲示版:『来週から風俗店で …

【出会い体験談】『人妻ネットワーク』で三十路の人妻とヤッてきたw

その人妻はなんと・・・妊婦w 中出しOKの主婦だった。 その妊婦の名前は真由美。 聞いてもないのに、出会い系で不倫しようと思った経緯を説明された。 俺の心の叫び:『しらね …

【出会い体験談】60点のフェイスだがエロい身体・・・

『愛玩関係』ってサイト。 ここ最近は利用してなかったんだが、30オーバーの熟れた女を抱いてみたくなった。 このサイト、普通に恋愛希望の女もいるが、8割以上はセックスだと思 …

中でいいから出して・・・

6月の印象的な出会いを書き込んでみようと思う。 『大人のお遊戯倶楽部』でエロい女を探してたら、いきなり電話番号を送ってきた女がいた。 ・・・業者かも??と思いつつ恐る恐る …

メンヘラがやってきた

池袋のカフェでスマホをいじってたら『sokuai』からメールが届いてた。 その名のとおり”即日アポ希望”狙いの奴らが集まるサイト。 俺は迷ったら必ずこのサイトを利用するが …

【出会い体験談】出会って15分で挿入しちゃう女

5月。 GW最終日の夜、ホームグランドの『SECRET』で知り合った28歳の人妻、『みあ』と会えた。 女は優しい言葉を掛けるとすぐその気に鳴りやがる。 「ゴールデンウィー …

もうだめ。イキ過ぎ・・・て

「朝起きたらとにかくセックスがしたかった・・・」 ・・・芥川賞を受賞した気分での冒頭w それはさておき、とにかくその日はセックスがしたくてたまらなかく、『PLATINA …

【出会い体験談】旦那が極度の早漏らしい・・・

麻美子は、埼玉に住む人妻。 といっても、まだ23歳。 若妻ってやつだ。 高校を卒業してスグ18歳で結婚したらしい。 即効子供が生まれ、保育園に預けながら飲食店でバイトして …