独身サラリーマンの出会い探検記。

32歳の独身サラリーマンが本当に出会い系サイトをつかってみた。成功・失敗を重ねながら出会い系サイトを攻略中・・・

顔は50点だが・・・

今回は30代以上をターゲットにして『愛玩関係』で探してみた。
普通に恋愛希望の女もいるが、8割以上はセックスだと思う。

メールでやり取りしてたのは33歳のひかるちゃん。
写真では本当に33歳?って思うぐらいの自撮りセンス抜群な感じ。

『まぁ、自撮りでは死ぬほどダマされてるから・・・』

はじめからある程度の予測をたててた。(期待度の60%ぐらいだと合格としておく)
それで貴重な時間を無駄にしたくないので、遠目から確認できるイケブクウ(池袋駅)を待ち合わせにした。

そう、俺の必殺技・・・デビルズアイで遠目から確認。
ブスだったら即効で逃げる・・・。
メアドもすぐ変えるw

ひかるちゃんの目印はスカートに上は黒のライダース。
なかなか攻めのファッションじゃねーかよ、と思いつつ遠目から確認。

ん?
顔がなかなか見えない・・・。
でも、スレンダーでスタイルもなかなかよさそうだぞ。
もう少し近づいてみる。

足元からゆっくりチェックしてみるが、なかなかいい感じだ。
顔は?

う・・・50点。

合否ラインの微妙なところだが、スタイルがマジでいい・・・。
もう一人の自分を言い聞かせつ、50点で手をうった。

俺:「はじめまして」

ひかるちゃん:「あ、どうも。どうします?すぐ移動します?」

う・・・。
わかってはいるが、目的がセックスなので最初の会話は単純だ。
かなり手慣れてるな・・・。

それから西口のラブホへ移動。
移動の間は「何歳?」「よくやってるの?」、の会話だけ・・・。

土曜日の午前中だったので部屋は比較的空いていた。
美人とやりたかったが・・・スタイルがモデル級なので顔はあまり見ないようにしよう・・・。

部屋に入ってからは先にシャワー。

『こいつ手馴れてるな・・・多分、風俗経験あるだろう・・・。』と、そんな事を思いつつ、ひかるちゃんの顔は見ず、モデル級の体だけをガン見。

『乳輪がはちきれそうにいい感じだ・・・』

顔は50点だが、これは食わなきゃ損、損!
どうせ、電気消して顔は見ないし・・・。

シャワーを終えベッドに移動すると、急にエロモードが入ったのか、ひかるちゃんが「電気だめ、恥ずかしいからやめて」と言う。

うん、はじめから消す気だよ・・・と思いつつw

部屋の時間もあるので、早速おっぱじめた。

お?
ひかるちゃんの秘部は汁でグショグショだった。

ひかるちゃんの手を俺の棒に導く。
力強くそれでいてソフトにしごき始めた。(やっぱこいつ慣れてんなぁ・・・。)

オッパイは巨乳ではないが、Dカップぐらいで丁度いい。
乳首周りの感度は抜群だった。

右手で秘部を弄りながら左手でひかるちゃんの右乳首をつまむと、まともに立てなくなってきたらしく、だんだんと前かがみになり腰が引けてきた。

どんどんと俺の棒の前に突き出されてくるヒップ。

棒を一生懸命しごいていたひかるちゃんの手を払いそのまま後ろから挿入。
早めの挿入だったが、汁がグショグショ・・・。

年齢の割にはかなり締りがいい。
手馴れてる割には・・・体質的にかなり締りがいいのか?

ひかるちゃん:「アウッ・・・」

ひかるちゃんの両手は壁へ押し当てられた。

ひかるちゃん:「ダメ・・・」

感じきっている様子でされるがままのひかるちゃん。

ひかるちゃん:「ア・・・ダメ・・・ダメ・・・」

何度も口にするひかるちゃんに少し疑問がわいた。

『こいつドMか?』

試しにガンガンと力強く突きながらひかるちゃんに向かって言う。

俺:「気持ちいいか?見てみろ鏡に映ってるぞ。さっきまで顔も知らなかったやつに後ろからやられてるんだぞ」

ひかるちゃん:「いや・・・恥ずかしい・・・気持ちよくて・・・」

拒否反応も無い。

俺:「もっと気持ちよくして欲しいなら、もっと突き上げてくださいって言ってみな?」

ひかるちゃん:「お願いします・・・もっと気持ちよく・・・もっと突いてください」

予想通りのM女。
エロモードに入ると人格が変わっちゃう系だ・・・。

そんな淫乱なシュチュエーションに自分で酔ってしまったみたいでガクガクと足が揺れたかと思うと
急に「イク~・・・」と昇天した。

俺は気持ちもアソコも乗り遅れ感があったが・・・「イク~・・・」の言葉に、反応して出しちまった。
自分の棒を抜くと、アソコから精子が垂れてる・・・。

俺:「あ、中に出しちゃった・・・・。」

ひかるちゃん:「いいよ。ピル飲んでるし・・・。」

ひかるちゃんはあっけらかんとしてた。

『ピルって・・・。病院で処方でしょ?何この娘?』

シャワーを浴びてさっさと風呂を出た。
洗面所で歯磨きをしていると、ひかるちゃんが出てきて洗面台に手を付き「フ~ッ」と一呼吸付いた。
格好としては反省猿の次郎君のスタイルで両手は洗面台。
その格好を見て急に欲情しちゃった・・・。

バスタオルを巻いたひかるちゃんを後ろから抱きしめながら「気持ちよかった?」と聞くと「なんでMってわかったの?・・・」とご満悦。

「ここは?」とバスタオルのしたから秘部を触ると当然グッショリ濡れていたが「イヤだ~恥ずかしい」と手を払いのけようとするのでそのまま指をするりと突っ込んだ。

「アン、ダメ・・・こんなとこで・・・」という言葉を無視して指を高速ピストンすると「アッ・・・アッ・・・・・アンッ・・・」と言いながら両腕から力が抜けてそのままヒップを突き出した体勢に「なに?またしたいの?」と聞くと「違う・・・そん・・なんじゃ・・・・ない」と途切れ途切れに返答はするものの当然のようにアソコがグショグショになっている。

俺:「したいならちゃんと言わないとしてあげないよ?」

ひかるちゃん:「はい・・・したいです・・・入れてください」

再度突入!!

すると先ほどとは比べ物にならないほどの乱れようで俺もギンギンになりピストンのスピードも上がるあがった。

俺:「鏡見ろ!」

恥ずかしそうに上目がちで鏡を見るひかるちゃん。

ひかるちゃん:「ア~・・・されてる・・・こんなとこで・・・凄い・・・気持ちいい」

俺:「悪い女だな。さっきあったばかりの男に・・・」

ひかるちゃん:「ごめんなさい・・・でも・・・でも・・・変になりそう・・・気持ちいい・・・またイッちゃう・・・イッちゃう・・・一緒に・・・一緒にイッて~」

俺:「じゃあイクぞ・・・全部中に出すぞ」

ひかるちゃん:「早く、早く、イク、イク、イク~・・・・・・・・」

同時に大量に発射!!

ひかるちゃんは俺に発射されるたびに体をビクンビクンと震わせながら全ての液体を体内に受け止めやがった。。

その後ベッドで再度頑張った結果Hフレンドと言うことで契約成立。
顔は50点だから頻繁には会おうとは思わないけど、月1ぐらいはいいね。

体験サイト:『愛玩関係』http://male-box.com/

 - 出会い体験談 ,

最強媚薬エロティカセブン

  関連記事

【出会い体験談】発情倶楽部で天使のような娘と出会ったw

始まりはいつも雨・・・by ASKA (笑) じゃなくて、始まりは雨の日だったw 最近は全然使ってなかった「発情倶楽部」に投稿しといた。 梅雨が明けたっていうのに雨ばっか …

もしお母さんが来たら・・・

有給休暇中の事だが、例のごとくチンコがうずうずしてた俺は『ご近所プラザ』で近場の女とアポを取った。 近所の女を見つけるなら本当に『ご近所プラザ』に限る。 ありがとう!『ご …

【出会い体験談】 昨日から洗ってないから臭うだろ?

リカとの出会いは『ご近所プラザ』。 このサイトは3日に一回は何かしらのメールがくるがほとんどが業者。 その中でもリカの掲示板やメールの文面が素人ぽっかったので、即反応! …

【出会い体験談】ご近所のあの保母さんと・・・

先日、若い子が多くいるからよく使ってる『ご近所プラザ』を物色してみた。 貧乏な若い子が多い『ご近所プラザ』は、餌を撒けば簡単に食い付いてくるw 風俗に行くよりよっぽどイイ …

【出会い体験談】胸がBカップ、陰毛も細薄毛

かなり久々の体験談投稿だが、女漁りをやめてたわけじゃない! ポケモンGOに忙しすぎてね・・・。 気分屋の俺だがら待ってた奴らがいたら申し訳ない。 で、今回は勝率の高いサイ …

【評価レビュー】Pairsを使ってみた~残念な結果~

どうも! 前回は「Pairsを使ってみた~有料会員編~」ということで、女性からのメッセージを見たがために有料会員になってみたんだが、クレジットカードで決済すると選んだプラ …

【評価レビュー】Pairsを使ってみた~登録編~

急に寒くなってきたけど、このサイトを見てくれてる男性諸君は急激な寒さにチンコが縮みあがってることだろうw 最近もコンスタントに出会い系でセックスしてきたわけだが、俺がホー …

個室ダイニングの中でフェラ

パチンコで勝ったw かなり気分もよかったし『発情倶楽部』で金目鯛をGETしようと掲示板を更新。 で、掲示板更新して30秒もしないうちにメールが。 1人は援交目的っぽかった …

【出会い体験談】超エロい人妻の話

超エロい人妻の話。 性懲りもなく・・・仕事帰りに無性にエッチがしたくなったので、『人妻ネットワーク』を見てみると、変わった書き込みを見つけた。 掲示版:『来週から風俗店で …

AV男優に仕込まれた20歳?

休日出勤マジムカつくぜ!!! って、心も体もイライラ状態のときはやっぱりセックスがしたくなるw 仕事帰りのときのこと。 『即会い急募セフレQQ』の掲示板を漁ってたら「これ …